[たった1杯で幸せ]話題のスペシャルティコーヒーのこだわりの詳細

嗜好品

コーヒーを飲む方は、平均にして‘1週間あたり11杯は飲む’というデーターもあるそうです。
好きな方やデスクワークが多いとそれ以上になりますね。

今水面下で『フツフツ』と話題のスペシャルティコーヒー

自宅でもおいしいく楽しめると話題です。
スペシャルティコーヒーについてご紹介していきます。

スペシャルティコーヒーの詳細

  • 名称:コーヒー
  • 原材料名:コーヒー豆(粉)
  • 内容量:1000ml×12本
  • 保存方法:高温多湿、直射日光を避け保存して下さい。

スペシャルティコーヒーって?

実は定義はまだ完全ではない?

イメージとしては消費者が満足しおいしいと評価できるコーヒーである事です。

イメージだけではどの商品がそうなのか分かりにくく欲しくても購入できないですよね!
具体的な商品を見ていきましょう。

具体的な商品

生産国においては栽培、収穫、生産処理、選別そして品質管理がされていて、交じり気のない焙煎豆であること。

更に正しいコーヒーの淹れ方で注がれた事が条件とされる。

つまり、しっかりとした品質の豆であることと、コーヒーの知識も十分で選別でき、淹れ方も承知してコーヒーを入れる事が条件になります。

専門店『喫茶店』の知識レベルで飲めるコーヒーになります。

では、家で楽しむことが出来るのでしょうか?

更に詳しくスペシャルティコーヒーに触れていきたいと思います。

一般的言われるコーヒーのおいし入れ方などもご紹介します。

美味しいコーヒーの入れ方とドリップの紹介

スペシャルティコーヒーの基準

流出量の約5%の上質な豆

  • 風味のすばらしさ
  • 豆自体の豊かな香り
  • 豆を選別できる知識
  • おいしくいかせるコーヒーの入れ方
  • 容器のこだわり

高品質の豆を選別することは出来るかな?
知識や淹れ方などは、専門者にたよらなければ難しそうですね。

一般的な美味しいコーヒーの入れ方

コーヒーの第二の命『水』を選ぶ。
硬水や軟水で味や風味が変わります。

ホットの場合やアイスの場合で入れ方は様々です。
より深い知識などもいろいろあります。

□ホットコーヒー□

  • カップを温めておく
  • コーヒー自体の温度(80℃~90℃)
  • ゆっくりと注ぐ

□アイスコーヒー□

  • 少量のお湯で蒸らす
  • 氷を入れステアし一気にコーヒーを作る

など、細かい点などを含めるとプロに相談したり経験しないといけませんね。

今流行りの〇〇芸人さんの中でコーヒー芸人・コーヒールンバ平岡さんなどもスペシャルティコーヒーを紹介したりしています。

□ドリップコーヒーを紹介□

スペシャルティコーヒーを頂くには素人では難しいこともありますね。

そこで、今回紹介している楽天でもNO1販売力のコーヒードリップです。

スペシャルティコーヒーを頂くのに・原料の選別・抽出方法・容器の選別等までをまかせられる商品です。

お手軽にスペシャルティコーヒーを頂けるってことですね。

ドリップコーヒーの詳細と購入者の声

今回紹介している楽天NO1販売のドリップコーヒー。
それが加藤珈琲店さんのドリップコーヒーです。

私が注目したのは、次の点です。

豆の選別・焙煎もそうですがお届けする容器へのこだわりも持たれていること。
スペシャルティコーヒーを提供することに徹底している事がうかがえます。

また、ドリップであることから素人の私でもすぐに、スペシャルティコーヒーを堪能できる点です。

□レビューの声□

レビュー数 (710 件)

  • スペシャルティコーヒーを選ぶということは、その生産者様が明確で、還元できていることも分かりとてもいいです。
  • 癖になってほかのコーヒーではもうだめです!
    長期的に、リピートしています。
  • しっかりとした味で、深みと濃い味を堪能できます。
  • ドリップなので、こだわりを持って飲みたくてもなかなかむつかしい選別や焙煎をしなくてもお手軽に、楽しめるのでうれしいです。
  • Qグレード珈琲豆が素晴らしいです。

Qグレードとは?

世界の珈琲鑑定士によるカッピング採点基準が80点以上の高評価を得た珈琲豆のみに与えられる称号ですね。

コーヒーが好きで美味しく飲みたい方のレビューがとても多く、リピートも多い様子がうかがえます。

スペシャルティコーヒーを選ぶのに手軽と言えるドリップを選択してみて、まずはその味に触れてみるのも良いと思います。

まとめ

皆様どうでしょうか?

スペシャルティコーヒーはただの商品ではありません。
奥の深いコーヒーをおいしく頂けるために選別や淹れ方までを含めたコーヒーです。

喫茶店もこだわりはそれぞれですよね。
確かにコーヒー豆の種類で特徴があります。

ドリップから進めていき、こだわりを持った1杯にたどり着くまで追求したくなりそうですね!

毎日頂くコーヒーで、幸せなひと時を過ごせるとうれしくなりますね。
妥協ではない至福の時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

コメント